Logcabin LODGE-CHOUBEI(Mt.DAIBOSATSU) Direct phone 090-3149-0964 Contact office 0553-33-4641
画像:タイトルバー
登山届を提出しましょう
日本山岳ガイド協会が運営する「コンパス」というサイトから、当山域の場合は山梨県警察にオンラインで提出出来ますのでご活用下さい。
尚、コンパスで登山届をする場合は「ご入山の前日」までに提出頂くことを推奨しておりますのでよろしくお願いいたします。

※ご事情があれば入山時に登山計画書を提出して頂いても構いません。
※本ページ掲載の写真は現状とは限りません。詳細はお問合せ下さい。

当山域の状況
当山域は比較的登り易いと言われている大菩薩峠でさえ標高2000m近い高山。
現在は冬山モードですので、積雪は少なくてもハイキング気分ではなく下記を参考に登山装備をご準備の上ご入山下さい。
尚、積雪だけでなく凍結・ぬかるみ・濡れている岩場などでも充分ご注意下さい。

以下にはスリップしやすい箇所があるので充分ご注意下さい。
:千石茶屋先の登山道取付点付近
:主尾根の一部
:唐松尾根の上部
:大菩薩峠-石丸峠-小屋平
:大菩薩嶺-丸川峠-丸川峠分岐

詳しくはお電話でお問合せ下さい。090-3149-0964

写真:大菩薩峠 写真:積雪期の大菩薩嶺

MEMO
よくお問合せのあるコースタイムは登山道の状況だけでなく体力や経験などによって大きく異なるので予測は大変困難ですし、冬至から大寒までは非常に日が短い時期ですので、十二分に時間に余裕のある計画でお出かけ下さい。詳しくはこちらから。

ご 注 意
都有林道小菅線の全面通行止めは復旧工事に伴い延長されました。
その為、赤沢登山口から小菅へは歩行者を含めて通行不可です。(迂回路もありません)

詳しくは小菅村ホームページからご確認下さい。

当舘(上日川峠)から石丸峠に向かう登山道が崩壊しています。
1人が通過出来る幅の踏跡はありますが充分にご注意下さい。
写真:登山道の崩壊場所
丸川峠分岐から約450m地点で東みそぎ沢を渡る際は充分にご注意下さい。
写真:東みぞぎ沢の渡渉点
大菩薩嶺と丸川峠の間登山道が4~5m程崩壊しています。
通過時は充分にご注意下さい。
写真:登山道の崩壊場所

冬季の当山域で有効な装備の例
詳細は登山用品店でご相談下さい。印刷される場合はこちらから。

:レイヤード(服装)
アンダーウエアー、シャツ、ボトム共にウールやアクリルなど保温性の高いものを。
スキーやスノーボード用のウエアは重量があるので登山ではお奨め出来ません。
ハーフパンツや山スカートは防寒が不十分なので絶対にやめて下さい。

:皮革製登山靴・冬山専用靴・冬季でも使えるトレッキングシューズのいずれか ※1
:地図とコンパス(地形図をご準備下さい。登山地図は参考程度に) *1
:防寒具(フリースジャケットや薄手のダウンジャケットなど)
:冬山用の手袋とオーバーグロープ(五本指)かミトン(三本指)の組み合わせ ※2
:保温力のある防寒帽 ※3
:冬山用のオーバージャケット(もしくはヤッケ)とオーバーパンツ※4 ※5
:ザックカバー(必需品)
:折りたたみ傘(風がなく弱雨ならザックカバーとの併用で快適)
:ロングスパッツ(ゲーターのこと。冬山でも使えるタイプを) ※6
:ヘッドライト(日帰りでも必ず携行して下さい。電池残量や電球の確認をお忘れなく)
:タオルや日本手ぬぐい(ちょっと多めに)
:日焼け止め(必需品。山の紫外線は曇りでも予想以上に強いです。お肌に合った製品を)
:レスキューシート(ツエルトでもOK) ※7
:テルモス(暖かい飲み物を常に携行しましょう) ※8
:非常食(携行性に優れてすぐに食べられるご自身の大好物を1~2食。凍結に注意) ※9
:ストック(ラッセルリング付きのピッケルでもOK)
:サングラス(必需品) *2
:モバイルバッテリー(携帯電話本体の電池と共に必ずフル充電で携行) *3
:滑り止め(チェーンスパイクや6本程度の軽アイゼンをお奨め) *4 *5

※1 スニーカーやトレランシューズは絶対NG。
※2 手袋は必ず予備をご携行下さい。スキー用の皮革製手袋はお奨めしません。
※3 冬山用の帽子をお奨めします。
※4 透湿性防水素材(ゴアテックスなど)の登山用雨具上下でも充分有効です。
※5 ヤッケ(独語)とは撥水加工された冬山用ウインドブレーカーの総称。雨具には不向き。
※6 種類やサイズがあるので必ず専門店でご相談下さい。
※7 ルートによってはツエルトとシートを両方携行されることをお奨めします。
※8 市販のステンレス製の保温・保冷水筒の総称。昔の山ヤの呼び方です。
※9 所謂栄養補給食にこだわることはありません。

*1 現在位置確認は必ず地形図で。スマホやGPS機器はサブとして使うことをお奨め。
*2 安価な製品は目に悪いので避けましょう。眼鏡店や登山用品店でご相談下さい。
*3 充電用ケーブルが必要な場合絶対に忘れないで下さい。
*4 チェーンスパイクは製品によって商品名が異なりますのでご購入の際はご確認を。
*5 8本以上のアイゼンでも悪いことはありません。

>その他
積雪の状況によっては、輪かんじき(通称ワカン)やスノーシューなどラッセル用具が必要な場合もあります。当舘や各山小屋・関係機関にお問合せ下さい。

>ワンポイント(日本ゴアテッスク社のパンフレットなどから)
雨具を長時間使用した時や汚した場合、洗濯することで透湿性や表面の撥水性が元に戻るので長持ちさせることが出来ます。
洗濯の際は、必ずネットに入れて洗濯タグに従い、完全に乾燥したらあて布をして低温でアイロンをかけて下さい。ドライクリーニングが必要な場合は必ず専門店でご相談下さい。

HOME 上日川便り ご利用案内 アクセス バス情報 登山情報 道路情報 設備紹介 客室紹介 登山道案内 リンク集

電子メールでのお問合わせはこちらから
(お返事に時間がかかりますのでお奨めいたしません)
※ご宿泊のご予約は電子メールではなくお電話でお願いいたします。

〒404-0022 山梨県甲州市塩山上萩原2367 雨宮方
当舘直通 090-3149-0964 連絡所 0553-33-4641

当サイト掲載の写真は現状を撮影したものとは限りませんのでご了承下さい
このサイト掲載の素材・内容などを、複製・加工・修正・販売することは固く禁止します
Copyright(C) LODGE-CHOUBEI, All Rights Reserved.